読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

育毛方法徹底調査!一番効果がある育毛方法とは?

育毛法はたくさんあるけど、どうせ試すなら効果があるものを試したいですよね。そこで育毛剤や育毛方法についてまとめてみました。

ハゲになりやすい生活習慣。改善は可能?

髪の毛が薄くなるのは髪の毛を生産してくれる
毛乳頭が弱まってしまうからです。
毛乳頭が弱ってしまう大きな原因は
「男性ホルモン」という記事を前回書かせて
いただきました。

男性ホルモンを抑えることはできないの?
男性ホルモンは運動したり
格闘技などを見て興奮したりすると
たくさん抽出されます。
簡単に男性っぽい行動はすべて男性ホルモンの
アップにつながるといっても過言ではありません。

f:id:mcopywrite:20160716210202p:plain
女性っぽい穏やかな生活を続けていくと
男性ホルモンを抑えることができる様です。
正直私には難しいですが‥
ちなみにAGAの治療に使われる薬プロペシア
男性ホルモンを抑える作用があります。
医療でも男性ホルモンに注目している
という訳ですね。

他にも毛乳頭を弱らせる生活習慣はたくさんあります
〇睡眠不足
 睡眠はとても大切。
 ストレスを解消してくれたり
 脳内の情報処理をするのも寝ている間
 行われます。
 寝ると頭がスッキリするのはそのせいなのです。

 寝不足になるとストレスは解消されず
 リラックスできません。
 リラックスできないということは
 交感神経が優位になりっぱなしで
 血管を収縮させますので
 毛細血管から栄養をもらっている毛乳頭に
 栄養がいかなくなります。

ちなみに交感神経は仕事をしていたり
攻撃的な精神状態の時に優位になり
筋肉など体が機敏に動く状態にしてくれます。
いわゆる緊張状態に対応する時にONになります。

反対に副交感神経はリラックスしている時
優位になります。
内臓機能を活発にして体の調子を整えてもくれます。
どちらの神経が優位になっていれば
毛根にいい状態か想像つきますよね。

〇ストレス
 さきほどの睡眠の話と同じです。
 ストレス状態が続いているということは
 大切な毛母細胞に栄養が行き届きません。

〇目の使い過ぎ‥
 目を使い過ぎると額の筋肉が硬く
 なり頭皮の血流も悪くします。

 その他、喫煙や帽子、ヘルメットをかぶるなどの
 頭皮の血流を悪くする行為もすべて
 毛乳頭へ血流を悪くします。

でもそんなこと言われたって‥
ストレスや仕事による睡眠不足は現代人に
つきもの。目だってパソコン作業で酷使します。
ヘルメットをかぶることが
多い仕事の人はどうしようもありません。
ですからそんな生活習慣の人こそ
頭皮ケアがより一層大切になる訳です。
頭皮をいじめた分、正しい効果のある
ケアしてあげればはげを予防できるのです。
では正しい効果のあるケア方法はどんな
方法なのでしょうか?

頭皮をいじめている人は見ておくべき「育毛剤成分比較によるランキング」