読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

育毛方法徹底調査!一番効果がある育毛方法とは?

育毛法はたくさんあるけど、どうせ試すなら効果があるものを試したいですよね。そこで育毛剤や育毛方法についてまとめてみました。

どうしてハゲるの?ハゲる最大の原因とは?

私たち男性にとってハゲは悩みの種‥
私も20代前半から
「ハゲたら嫌だな‥」
といつも頭の片隅にハゲに対して
悩みというかモヤモヤを
感じていました。
だってハゲているだけで
かっこ悪く見えるし、
フサフサの人に対して劣等感を
感じることだってあります。

「髪の毛があればもっとかっこいいのに‥」
「女性にも劣等感なく話ができるのに‥」

f:id:mcopywrite:20160716203825p:plain

薄毛になってしまった人は
1度くらいそんなことを考えたことが
あるはずです。

ではどうしてハゲるのでしょうか?
ハゲになるのは髪の毛を生やしてくれる毛母細胞が
その働きを止めてしまうからです。
その働きを止める最大の要因は
「男性ホルモン」
でした。

男性ホルモンとは?
男性ホルモンは筋肉隆々の体をつくったり
ひげが濃くなったり、男性らしい体をつくってくれます。
また、女性を惹きつけるのも
男性ホルモンの働きが大きいのです。

でも、この男性ホルモンが毛根に悪い影響を
及ぼしていたんです。

髪の毛の根元にある毛乳頭には
体内にある男性ホルモンを受け止める受容体が
あるのです。
毛細血管から毛乳頭に栄養分に混ざって
男性ホルモンが入ってきます。
この時、「5αリダクタ-ゼ」という酵素
媒介して男性ホルモンと毛乳頭内の
受容体が結びつくと
ジヒドロテストステロン
という物質に変わります。
ヒゲの毛根の場合、このジヒドロテストステロンが
細胞を増殖、活性化させて成長を促しますが
なぜか髪の毛の毛根の場合
成長を抑えてしまうのです。
この結果、薄毛が促進してしまうのです。

「男性ホルモンが多い。」
「容体が敏感。」
は遺伝によって決まりますが
これだけでハゲになるかどうかは
一概にはいいきれない様です。

例えば二人の男性が
男性ホルモンが多く受容体が敏感という場合
二人ともハゲるとは言い切れない
ということです。
ですから
「自分の家系はハゲだから‥」
とか諦めることはないということです。

「でも、やっぱり心配‥」

そう思ってしまうのも無理はありません。
だって、これは確率論になってしまいますからね。

わかっていることは男性ホルモンや5αリダクタ-ゼ
が原因となっていること!
今はこの男性ホルモンと5αリダクタ-ゼ
が結合しない様にする育毛剤がたくさん出ています。
そんな育毛剤の中で最もオススメの育毛剤は何か?
成分と価格を比べてみました。

オススメ育毛剤ランキングはこちらをクリック!